2017年6月1日木曜日

<6月の放送> 臼杵が生んだ女流作家 野上弥生子


今月は臼杵出身の女流作家 野上弥生子をご紹介しました。
野上弥生子の実家は臼杵にある小手川酒造です。

小手川酒造は臼杵の城下町の一角にその佇まいを構えています。
その隣には弥生子の実家である現在の野上弥生子文学記念館があります。

1855年の創業よりお酒を作り続けてきた歴史ある酒蔵であり、一貫して手造りにこだわったお酒を今でも造り続けています。
創業当時は現在のように焼酎などは造っておらず、日本酒のみの製造であった為、お酒を造っていない時期に味噌や醤油を造っていたんだとか。
すると味噌や醤油も評判がよく、人気があったことから別会社を設立。
それが現在のフンドーキンなんです。ご存知でしたか?
フンドーキンは、元々小手川酒造から始まっていたんですね。

また、趣のある酒蔵は1997年に国の有形文化財に登録されています。
大林宣彦監督の「なごり雪」の撮影にも使われたそうですよ。

野上弥生子文学記念館で野上弥生子の人生を垣間見つつ、お隣の小手川酒造を見学し、臼杵の歴史も学べちゃうんです。
番組内でも紹介した野上弥生子が残した訓は、今もまだ小手川酒造さんに飾られていますので、合わせてチェックしてみてください。


<6月のプレゼント>

今回は、野上弥生子の小説を抽選で5名のみなさまにプレゼントします。

2017年3月4日土曜日

3月の放送 茶の湯 おもてなしの心



毎年327日。茶道の流派の1つである表千家では千利休をしの ぶ「利休忌」が行われます。 ということで今回は利休忌にちなみお茶をテーマにした内容でお届 けしました。
正直「茶道」というものに全く縁もゆかりも無かったのですが、 今回の取材でお茶の奥深さと日本の美徳の素晴らしさに改めて気づ かされた気がします。
普段の生活の中でお茶(お抹茶)を飲む機会は中々ありませんが、 茶室に入り静寂な空間の中で頂くお茶は「非日常」 にトリップした気分にさせてくれます。
さて、今回の取材の中で私が1番驚いたのは「濃茶」です。 日常生活の中でよく見る抹茶味のドリンクなどの俗に言う抹茶は「 薄茶」に近いもので、「濃茶」とはその2倍も3倍も…否! もっと濃い飲み物なんです。
私がイメージする抹茶は「薄茶」だったので「濃茶」 をたてて頂いた時は
「え?お抹茶何杯入れるんですか!?」 と内心驚きを隠せませんでした。
1人につき茶杓で3杯なので撮影時は3人分の9杯使用していま した)
見た目は想像以上にドロドロで飲むと緑の口ひげ( 牛乳を飲むときのアレ)がつく程濃いお茶。それが「濃茶」です。
私は撮影終わりに冷めたものを頂いたので、 かなり渋みがキツいなと感じましたが、生徒さんいわく「 温かいと甘みが絶妙で何杯でもいける!」とのこと。
今まで縁もゆかりも無かったお茶ですが、「難しそう」 といった想像で食わず嫌いするのではなく、 興味を持つことが大切なんだなと改めて感じました。
みなさんも抹茶の常識を覆す、真のお茶「濃茶」一度お試しあれ!


3月のプレゼント



今回は、風之荘オリジナル ことだまシリーズポストカードセットを抽選で3名のみなさまにプ レゼントします。

ヤクシンインフォメーション



今回はホテルザーズ4階 レストランサッポロに大分大学教育学部 附属小学校の生徒のみなさんが授業の一環で訪れました。
この授業では、大分市の食に関するPR動画を制作するということで、 県産の食材やそれを使用した料理を生徒たち自ら撮影していました。
タブレットを器用に使い、レストランサッポロの スタッフに人気メニューや作り方などをインタビューして終了。
生徒たちが制作した動画は完成後、 動画共有サイトなどにアップされるそうなので是非チェックしてみ てください。

2017年2月1日水曜日

2月の放送 大分の鬼伝説

今回は大分の鬼伝説と題し、鬼にまつわる様々なお話をご紹介しましたね。
日本各地に古来より伝わる鬼の逸話は、本編でもご紹介したように大分県にも
多く語りつがれていました。

鬼にまつわる逸話を調べていく中で、今回面白い発見がありました。
過去に放送されていた番組「まんが日本昔ばなし」。

この中にも鬼が登場する回がいくつかあり、その一つに「鬼の九十九塚」という
お話があったのです。
実は大分県塚原に伝わる話をもとに作られており、今回番組内で紹介した
「鬼の築いた石段」と同じ様な内容にはなるのですが、私も子どもの頃に
このお話を見ていたのかもしれないと思うと、なんだかワクワクしちゃいました。

鬼とはそもそも妖怪でもなく、神でもない特殊な存在として私たちに深く
根付いてきました。それは伝説や伝承だけではなく、子どもの頃を思い出すと
「餓鬼大将」といった呼び名や「かくれんぼ」、「鬼ごっこ」といった遊びの中に、
身近な存在として鬼は広く浸透していた気がします。

しかし、現在の子どもたちはどうでしょうか?

昔に比べて外で走り回る子どもは少なく、こうした遊びをする機会も場所も
減っているんじゃないかと思います。

鬼と共に失われつつあるこういった文化こそ、私たちが子どもたちに受け継いで
いかなければいけない大切なことなのではないでしょうか?

2月のプレゼント

今回は、風之荘オリジナル ことだまシリーズポストカードセットを
抽選で3名のみなさまにプレゼントします。

【宛先】

〒870−0822
大分市大道町3丁目2-24
風之荘 本館

円相 視聴者プレゼント係


【〆切】
2017年 3月5日