2017年9月7日木曜日

<9月の放送>彫塑家 朝倉文夫

 
今月は彫塑家朝倉文夫をご紹介しました。
朝倉文夫の生い立ちについて知るうちに感じたことがあります。
それは「朝倉は挫折知らず!」です。

今まで番組でもご紹介してきた俗に言う「偉人」たちは人生のどこかで挫折を味わっています。
例えば
貧乏で生活が苦しい、大病を患った、長年にわたり思想や作品が認められないなどがあげられます。
しかし朝倉は大学時代から動物の彫刻を造るアルバイトでお金に困ったことはないようでした。
そして大学時代に発表した「進化」やその後の「闇」などで日本の美術界に名前を広めることになったのです。
最終的には文化勲章をも受賞してしまいます。
まさに順風満帆といった人生です。

そんな中注目すべきはその人柄です。
朝倉は学生時代には実家に位送りをしたり、同級生にお金を貸すなどとても他人を思いやる人であったと言います。
そして後進の育成にも力をいれていました。
自らの聖地とも言えるアトリエを改築して「朝倉彫塑塾」を開いています。
なんとできた人なんでしょうね!
日本の彫塑の未来を切り開いた人物は、優れた才能をもちながらも努力を怠らず他人を思いやれる人物だったのです。


後世に伝えていかなければいけない・・・のはもちろですが
その生き方を見習わなければいけない・・・と思いました。
 

<9月のプレゼント>


今回は朝倉文夫記念館図録を抽選で
3名様にプレゼントいたします。

2017年7月9日日曜日

<7月の放送> 道徳に尽力した教育者 廣池千九郎


今月は中津出身の教育者 廣池千九郎をご紹介しました。
廣池の生家は中津市にある廣池千九郎中津記念館の敷 地内に今もあります。改築を経て、とても綺麗な状態で残されており、建てられている場所もほぼ同じ場所だとか。記念館は昨年展示室をリニューアルしてお り、新たに講堂も作られたそうです。とても立派な記念館ですが、来館者はまだ少ないとモラロジー研究所の方がおっしゃっていました。
そもそも私が廣池千九郎を知ったのは、生誕150年記念事業の1つとしてOPAMで開催されていた展覧会がキッカケでした。みなさんは廣池千九郎のこと、そして展覧会のことご存知でしたか?これほどまでに道徳研究に熱量を注いだにもかかわらず、廣池の名はここ大分県ではそれほど知られていません。
確かに、国から表彰されたわけでもなく、教科書にも載っていません。しかし、地元中津の歴史に興味を持ちそれを中津歴史という1冊の本にまとめた彼の功績ははかりしれないものではないかと私は思います。

<7月のプレゼント>


今回は、「生涯教育の先駆者廣池千九郎物語」を抽選で5名のみなさまにプレゼントします。

<風之荘からのお知らせ>



先月614日に風之荘本館で「平成28年度 風之荘 物故者慰霊祭」が開催されました。
今年で26回目となるこの慰霊祭では、ご参列者全員で黙祷を捧げ、献奏や献花、さらには絵本の
朗読などが行われました。
また、大分市金池にある臨済宗妙心寺派 萬壽寺の住職 佐々木道一氏を招き
講演をしていただきました。
最後は参列者のみなさんでバルーンリリースを行い、故人を偲びました。
風之荘では常に心のこもった個人様とのお別れをお手伝い致します。
物故者慰霊祭は風之荘本館で今後も開催する予定です。

2017年6月1日木曜日

<6月の放送> 臼杵が生んだ女流作家 野上弥生子


今月は臼杵出身の女流作家 野上弥生子をご紹介しました。
野上弥生子の実家は臼杵にある小手川酒造です。

小手川酒造は臼杵の城下町の一角にその佇まいを構えています。
その隣には弥生子の実家である現在の野上弥生子文学記念館があります。

1855年の創業よりお酒を作り続けてきた歴史ある酒蔵であり、一貫して手造りにこだわったお酒を今でも造り続けています。
創業当時は現在のように焼酎などは造っておらず、日本酒のみの製造であった為、お酒を造っていない時期に味噌や醤油を造っていたんだとか。
すると味噌や醤油も評判がよく、人気があったことから別会社を設立。
それが現在のフンドーキンなんです。ご存知でしたか?
フンドーキンは、元々小手川酒造から始まっていたんですね。

また、趣のある酒蔵は1997年に国の有形文化財に登録されています。
大林宣彦監督の「なごり雪」の撮影にも使われたそうですよ。

野上弥生子文学記念館で野上弥生子の人生を垣間見つつ、お隣の小手川酒造を見学し、臼杵の歴史も学べちゃうんです。
番組内でも紹介した野上弥生子が残した訓は、今もまだ小手川酒造さんに飾られていますので、合わせてチェックしてみてください。


<6月のプレゼント>

今回は、野上弥生子の小説を抽選で5名のみなさまにプレゼントします。